• 【トヨタ生産方式で改善!】儲かる農家になるための、農家専門プロコンサルタントのホームページ

★決算特価商品★ ELITE GRIPS エリートグリップ ゴルフ 2022年 スタンド キャディバッグ 軽量 EGCB-2108 EGCB-2104 正規品 キャディバッグ

極一般的な会社のように”こんな子”が農業法人にはなぜ入社しないのか?

Roland RHYTHM COMPOSER R-8

楽をしたい儲けたい業務拡大したい広がる農地に対応したい・・・様々な理由がそこにはあるでしょう。
一方でちょっと唐突かもしれませんが、あなたの農場は”あなた一代限りで終わり”ですか?
きっとタディアンドキング TADY&KING ゴローズ魂継承 無垢ビーズK18 5mm×イーグルヘッドビーズK18 メンズ レディース シルバー925 ビーズ ネックレス eagleはずです。お子さんやお弟子さんに継ぐことも考えているでしょうし、なによりその土地を守ろうという気概も少なからずあることでしょう。

そうです、働き方改革とは様々な理由で必要とされていますが”何より農業をこれからもずっと続けていく”ために必要なことなのです。今以上変わらなくてよいなんてことはありませんし、むしろ積極的に変えて行くべきです。

よって続けていくためにはまず楽をする儲ける、ということは避けては通れないと同時に、楽をする≒手を抜く、儲ける≒不正する、では露呈した途端に続けられなくなるので論外です。

”楽をする”にはどうすればよいか?

簡単に思いつくのは機械や設備の導入による省力化や自動化ではないでしょうか? もちろんここでは経営規模を小さくするとか、手を抜くってのは考えません。しかしこれらは導入するのにコストがかかるうえ、耐用年数がある程度決まっています。つまり機械や設備の性能による省力化と自動化を、ある一定期間だけお金で解決して楽をするとも言い換えられます。

では機械や設備の代わりに人海戦術は考えられるでしょうか?
もちろん Yes 考えられますよね。
アクア ドレス ワンピース アクア 1394 レディース B/W Taffeta Lace Overlay ノースリーブ Party ドレス 2 BHFO雇って仕事量を分散して楽にする方法も当たり前の方法です。

問題なのは、では楽をするために「機械や設備を導入する」のか「人を雇うのか」どちらにするのかですね?
トヨタ式的には答えは明確かつ簡単で、ズバリ”人を雇う”が正解です。
Cooler Master MasterLiquid ML360 SUB ZERO インテル冷却技術を搭載した初の熱電冷却(TEC)簡易水冷クーラー|MLZ-D36M-A19PK-12機械や設備でなければできない専用機のものは購入が必要ですし、同様にその人しかできない事であればエバラ 樹脂製汚水・汚物用水中ポンプ 65DWVA61.5 1.5kW 200V 60Hz 口径65mm 自動形 フロートスイッチ付 荏原人を雇うしかない【B級】 全紙 ホワイト ガラス入り AGR-Z-WH 画廊 ケンコー KENKO 【本体キズ有り】【保証書無】【化粧箱無】【付属品無】発明は人しか(今のところ)できません
トヨタでは耐用年数を超え、減価償却の済んだ数十年前の機械や設備がたくさん現役で動いて、いいえ人と供に働いています。つまり機械や設備は汎用性の高いもので、末永く使い、決して需要よりも高すぎる供給能力がある超高性能マシンは不必要極まりないということです。

人を雇って仕事量を分散して楽をするのが正解だと申し上げましたが、人でしかできない仕事をあなたに代わって肩代わりするので、仕事量やその品質、納期を明確にするのは当たり前ですし、そもそもその仕事を任せられるように教育も必要です。
機械や設備はその機械設備しかできないことをやるのは当たり前ですし、そのように教育されている…ではなくそのように機械設備は最初から作られていますし、それ以上の性能を期待してはいませんKRENE ホワイトシェル ミドルバック 肘なし 布張地 ナイロンキャスター KRA-100WC 5-353-10xx UCHIDA

あくまで仮にですが、1200万円のコンバインを3年で償却すると仮定し、400万円/年という計算になります。一方で給料400万円/年で人を雇っても3年後には1200万円(仮の話なので昇給も考えません)になります。どちらも同じ1200万円で3年間です。
コンバイン君を人に見立てましょうか? 彼は収穫時には誰にもまねができないほどよく働きますが、ARTHUR HARRISON Y.N.B. × J.PRESS パターンメイド スーツ A体 グレナカートチェック スーツ ネイビー 2021年春・夏 3週間程度 NEW AUTHENTICモ。そして3年で無理がたたってコンバイン君は退職です。
一方で新人の早苗さん、都会育ちで土を触ったこともない子でしたが、1年目は草刈りや施肥、農薬散布を覚え、2年目にはリフトやトラクターに乗れるようになり、3年目には田植えと収穫など、一通りの農作業ができるようになりました。

コンバイン君と早苗さん、どちらも費用は400万円/年

さて、コンバイン君と早苗さん、両者がいたこの3年間で一体あなたにとって”どちらが楽になった”のでしょうか?
かなり極端な例でしたが、SK 新潟精機 TAA-14.290mm 超硬ピンゲージ 単体(1本)パワフルでその時だけは頼もしいのですが、総合的にかつ未来を考えると多能工的な早苗さんの方が楽になったのではないでしょうか。

働き方改革の第一歩は”人を育てる”こと

自学自習すべきことはたくさんある

お金がなければ機械や設備に投資はできませんが、人への投資は何もお金がなくても、現有戦力(自身と既雇用者)に対しては時間さえあれば可能です。人への投資をしないと、楽にもならなければ業務拡大もできません
まずは農家の経営者自らに手間暇といった時間をかけるようにしませんか?
Thinkpad t540p(20bfa0y300) 10.8V 57Wh lenovo ノート PC ノートパソコン 純正 交換用バッテリーあなたが変わらなければ忙しさも何ら変わることなく続きます

個人経営、家族経営、法人経営などどんな形態・規模の農家であれ、あなたは農業技術者である前に、農業経営者だということを忘れてはいけません
どうしたら自身の農業を続けていけるのか? そのために楽をする儲けるということを経営者として真剣に考え、実践する必要があります。
「お子さんやお弟子さんに継がせたい」「地域を守りたい」と考えているならば、時代のニーズに合った働き方を今から考え、実践していく必要があります。
まずはあなた自身の時間を作って自らの経営状況にあった情報を収集し、やるべきことを整理し、できることから実践していきましょう。

=前編余談=
トヨタグループの創業者である豊田佐吉翁は本人も自負する発明家でした。研究開発はできても商売はできないとわかっていたのです。事実佐吉翁は研究開発が過ぎ、自身の会社を追われることが度々ありました。
そこで佐吉は自分で商いができない欠点を、信頼できる石田退三を番頭として任せることにより経営を発展、安定化させ、研究費と研究時間を捻出していました。
興味深いことに佐吉翁の長男喜一郎もまったく同様で、トヨタ自動車の初代社長は喜一郎ではなく、最も信頼していた義兄の利三郎である。

もしあなた自身が経営センスがないと思っているなら、奥さんや旦那さん、ご子息、パートナーに石田退三や豊田利三郎役をお願いするのもありかもしれませんね。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。